2017年10月14日

馬油シャンプーは髪のお悩みに最適なコスメティックス



コスメティックス市場では、近年天然成分が配合された商品が注目されています。


今までのコスメティックスの主流は科学的に開発された成分を配合したものでしたが、近年では古くから存在する天然の成分が見直されているのです。

その中でも注目されているコスメティックスが「馬油」です。


この成分は肌のみならず髪にもとてもいいということで、シャンプーなどにも配合されるようになりました。

馬油シャンプーの効果としては、頭皮の血行を促し、毛穴につまった皮脂や汚れを排出する作用があるので、健康な髪の生まれ変わりを助けます。

また、今生えている髪の毛のまとまり自体をよくする効果もありますので、髪の毛が広がるのが悩みだという人にも最適だといえるでしょう。


また、馬油のもつ保湿力によって頭皮の乾燥を防ぐことも可能なので、フケやかゆみも起こりにくくなるのです。

このように、昔ながらの天然成分が配合されたコスメティックスには、昔ながらあるという安心感と確かな効果が期待できるため、大変注目されているのです。

posted by にゃんた at 12:32| Comment(0) | コスメティックスヘアケア

2014年04月04日

日焼けにはパックのコスメティックスで対処をする

思わぬ日焼けをしてしまい後悔をしたことがある人は少なくありません。

特に年齢を重ねられている方は日焼けによってシミやシワが出来るのではないかとヒヤヒヤされる方もいらっしゃいます。
日焼けをしたと感じた時は、まず何よりも保湿が重要になります。

紫外線を浴びた肌はかなり乾燥していますので、そのままの状態にしておくことでシミやシワが出来やすくなるためです。
そのためコスメティックスのパックを使用します。

色々なコスメティックスの中でもまずパックなのは、保湿をするために効果的だからです。
パックに使うコスメティックスは美容液です。

コスメティックスの中でも少しリッチな部類に入る美容液をマスクに浸してから、化粧水で整えた顔にのせて15分ほど置いておきます。
その間美容液が肌内部に浸透して艶やかでモチモチの肌に導いてくれます。
美容液をたくさん使うために少々勿体ないという気持ちにもなりますが、そこはシミやシワ予防だと思って多めに使ってもらう方が効果が高いです。

posted by にゃんた at 20:12| Comment(0) | コスメティックスひとりごと

2014年03月20日

コスメティックスに含まれるシクロメチコンという成分について

化粧水や乳液、クリーム、美容液やファンデーション、口紅、アイカラーなど幅広いコスメティックスに含まれる成分にシクロメチコンがあります。

この成分は揮発性の合成ポリマーで、主に油分の代わりとしてコスメティックスに用いられます。
例えば乳液やクリームに植物性の油脂やバター、動物性の油脂を加えるとどうしてもべたつきが気になり、なかなかさらっとした使用感にはなりません。
しかし、シクロメチコンを使用することで、さらっと肌なじみのよい使用感になります。

また、ファンデーションやアイカラー、口紅に使用すると、汗で落ちにくく、メイクが肌に密着しやすくなります。
コスメティックスをより便利に快適に使用するのに、とても有効な成分ではありますが、石鹸等の洗顔料だけでは落としにくいという欠点もあります。
シクロメチコンを含んだコスメティックスでメイクした際は、専用又は市販のクレンジング剤でしっかりクレンジングをし、その後洗顔料を使用したダブル洗顔が必要となります。

posted by にゃんた at 20:46| Comment(0) | お助けコスメティックス

2014年02月10日

パックすることで産毛処理できるコスメティックス

顔の産毛は処理しないと化粧ノリも悪いし、くすんで見えて厄介なものです。

手軽にカミソリで処理しようとすると、顔の皮膚は薄いですからトラブルも起こりがちですし、次に生えてくる毛も濃く見えてしまう場合があります。
ワキなどの他の部分で毛抜きを使うと、根元から抜けるので毛穴もきれいに見えますが、産毛の場合はその一本一本を抜くとなると手間がかかりますし、第一細いですから掴みにくくて苦労します。

それにやっぱり肌ダメージは避けられません。
そんな顔の産毛の悩みを解決するコスメティックスがあります。

顔に生えた細くて柔らかいムダ毛もごっそりと取ってくれると言う、手軽なパックです。
角栓を除去するパックでも、剥がしてみると細い毛がびっしり取れて驚くことがありますが、ムダ毛処理用のコスメティックスならもっと確実にごっそりと除去することが可能です。

ただ、やはり顔の皮膚はデリケートなのでコスメティックスも選ぶ必要があります。
もし使用して自分の肌に合わない、刺激が強いと感じた場合には中止した方が無難です。
また、パックを使用した後はきちんと肌をケアし保護するコスメティックスを使うようにします。

posted by にゃんた at 14:01| Comment(0) | お助けコスメティックス